バストアップ方法の基本!5つの悩みの原因と対策

 

胸を大きくしたい!!><

 

            「Aカップのままで恥ずかしいですぅ

 

 「マッサージをすればバストアップができると紹介されていたので、実践しましたが全く効果がないよ」

 

     「貧乳が悩みです。。

 

 「豊胸以外バストアップできる方法ってないですかね?

 

                        「豊胸するお金はないです(._.)」

 

私も随分と貧乳がネックでしたが、食事を改め、

   サプリを取り入れたりして試行錯誤していく内に、

                     胸がB→Dまで大きくなりました


 

これは、他の方々の切な声の一部です。

 

突然ですが、あなたの場合はどのような悩みをお持ちですか?

バストの悩みは女性の深刻な悩みの一つで、切実な悩みです。

 

あなたは今回の内容を読み進める事によって、バストの悩みに対しての理解を深める事ができます。

 

目標はあなたのバストの悩みが何が原因であるかを突き詰める事

そして、その悩みに対して的確にアプローチ、対策をとっていかなければなりません。

 

簡単に、悩み解消とはいきませんが、

まずは原因を突き詰める事すべての始まりになります。

 

今回は理解を深めていただき原因を突き止め、自分にあった対策、方法を探し出していきましょう

それではよろしくお願いします。

 

 

目次

 

 

1.バストの悩みベスト5

第1位「小さい」42.6%
第2位「垂れている」11.4%
第3位「離れている」8.9%
第4位「バストトップの色(くすみなど)」8.4%
第5位「ハリがない」6.9%

 

成長期に適切な女性ホルモンが分泌されない事に合わせて、

その他急激なダイエットによる事や妊娠、出産、授乳によるバストの型崩れ、歳を重ねるたびに下垂、離れたバストで谷間が思うようできないなど他にも沢山悩みがあります。

 

 

2.年代による悩みの種類

10代〜20代の声
  • 「高校に入学したのに全然胸が大きくならないけど大丈夫かな?」
  • 「最近まで成長してたのに胸が少しも膨らまなくなりました。」
  • 「もう胸が膨らまないか不安です…」
  • 「胸はどうしたら大きくなります?」
  • 「胸が大きくならず男子みたいなので不安です。」
  • 「離れたバストに谷間が欲しい…」
  • 「胸が小さくて似合う服がない!」
  • 「やっぱり胸が小さいと女性的魅力がない…」
  • 「ダイエットしたら胸が小さくなった気が…」
     
30代〜40代の声
  • 「妊娠、出産、授乳などでバストが型崩れが…」
  • 「歳を重ねるたびに下垂していく…」
  • 「間違った下着選びで型崩れしてしまった…」
  • 「皮膚のたるみで小さくなった…」

 

本当に多くの切な声ありますね。あなたも当てはまる事があったのではないでしょうか?

今回ははじめに話したように、原因を突き詰める事これが大切なので、次の項目で自分に合った悩みの原因と対策を見ていきましょう!

 

バストの悩み【原因と対策】

 

第1位「小さい」事の原因と対策


出典:ワコール人間科学研究所

 

やはり圧倒的に多いのが「小さい」という悩みでした。

少女から大人に変わり胸が大きくなるメカニズムを動画でみられたと思います。

もし見られていないのであればまずご覧ください。

 

胸の発達が悪くなる原因

いろいろ原因はありますが少女から大人に変わる初経時期、バストの成長はこの時期にどんな生活習慣を送っていたかが大きな影響を与えているのです。

バストが成長するのは年齢ではなく"初経の開始時期"と深く関わっており、乳頭周辺がふくらみはじめる時期は、この初経の1年以上前であることが明らかになっています。

初経時期は早い人では10歳頃から遅い人だと15歳頃、初経前後の約4年間に変化していきますが、その時期に女性ホルモンを崩してしまうと胸の発達が悪くなってしまう原因となってしまいます。

この時期に激しいスポーツや過度なストレス、激しいダイエットなど、不規則な生活習慣や悪い食生活などがあるとホルモンバランスを崩してしまいます。

 

本来はこの時期が非常に大切で、女性ホルモンが多く分泌される事で乳腺の発達を促がし脂肪が付いて、ハリのある大きなバストにつながっていきます。

しかし、この時期にホルモンバランスを崩してしまう事で女性ホルモンが正常に分泌されなくなり、うまく成長していかなくなってしまいます。

 

あなたは現在4年周期の中にいますか?

その期間に入っているのであれば、まずはできる事を見直しをしてみてください。

いまから原因などを理解し自分にあった対策を取り入れる事で効果は高いものになるでしょう。

 

ただ実際はそうではない方が多いのだと思いますが安心してください!

実際にこの時期を過ぎていてもバストがアップしている事例は実際にたくさん存在しています。

 

 

バストアップする為の3つの対策

直接的なアプローチとしては豊胸手術などもありますが、抵抗と費用がかかるので現実的ではありません。

即効性はありませんがバストアップに効果のある習慣や女性ホルモンが関係しているのでサプリなどを併用して取りくみましょう。

サプリなどは個人差などはありますのでまずは試してみながら自分に合ったものを探しましょう。

 

 

第2位「垂れている」事の原因と対策

悩みは尽きません!バストの大きさに合わせて大切なのがカタチ。

どれだけ大きくなってもバランスの良いカタチでなければ美しい体にはなれません。

 

まず初めに理解してもらいたい事はバストの下垂は元に戻す事ができない!って事。

ですので、早い段階からバストケアが大切で下垂予防を生活習慣に取り入れていく事が必要です!

今すぐ進行を食い止めていきましょう!

 

バストが垂れてしまうと

バストの加齢が始まる時期は20代に始まり40代には少なからず加齢が進みバストの崩れが出てくるとされ、

実際にワコールの研究結果ではバストラインが元に戻った、崩れが治った人はいないとされています。

 

バストのかたち変化の原因と考えられる3点

バストのかたち変化の原因と考えられるのは3点

  1. 加齢によるホルモンバランスの変化により、乳腺と脂肪の構成比が変わり、
    バスト全体がやわらかくなっていく。
  2. バスト自体にかかる重力と、揺れなどの外部からの刺激が長時間継続すると、
    クーパー靭帯にストレスがかかり伸びてしまう。
  3. 加齢により皮膚の弾力性・柔軟性が低下し、乳房を支える力が弱まる。

 

 

 

加齢によるバストの変化

バストアップ方法

出典www.wacoal-science.com

加齢によるバストの下垂は止める事は出来ませんが、進行を遅らせる事はできます。

 

バストが崩れる原因1

加齢にともなうホルモンバランスの変化してしまう。

 

ホルモンバランスは加齢と共に変化していきます。

女性ホルモンの一つであるエストロゲンは、女性らしさを保つために重要な働きをしていますが、30代を境に卵巣の働きの低下する事によりエストロゲンの分泌量減少していきます。

若い年代でもホルモンバランスが崩れエストロゲンの分泌が減少する人が増えてきていますので若いから大丈夫とは思わずに今から始められるケアをお勧めします。

 

バストが崩れる原因2

ageing_img_04

出典www.wacoal-science.com

胸を支えてハリを出すクーパー靭帯が伸びてしまう。

 

このクーパー靭帯は胸の上側にあり短いゴムのようなもので伸びたり、切れたりします。

ここに損傷が見られる事で下垂が進行していきます。

このクーパー靭帯をできるだけ残す事がバストアップと下垂防止につながります。

クーパー靭帯は一度切れると再生することがないので、今残っている靭帯を温存するしか選択肢がありませんので、元となっているコラーゲン質は日頃から食品やサプリメントなどによって補っていく事も大切な事です。

合わせてその全てを支える大胸筋の衰えも影響しますので日頃からの筋力トレーニングも必要です。

 

バストが崩れる原因3

加齢により皮膚の弾力性・柔軟性が低下し、乳房を支える力が弱まる。

 

いわゆる肌のハリ、年齢を重ねるとともにハリが失われていくのです。

年齢を重ねると顔に肌のたるみを感じる事はありませんか?

肌のたるみは顔だけではなく加齢により全身に出てくるものです。

 

バストの下垂を防ぐ4つの対策

1.ホルモンバランスが大切

食生活、不規則な生活習慣、睡眠不足、ストレスや疲れ、無理なダイエットなどで、非常に繊細な女性ホルモンはですぐに崩れてしまいます。

ホルモンバランスを保つ為には、バランスのとれた食生活と規則正しい生活習慣、睡眠、無理のないダイエットを心がけることが大切でしょう。

しかし、そう簡単に生活習慣や食生活を変えることはできないという方はサプリメントを活用するという方法もあります。

 

女性ホルモンの一つエストロゲンとよく似た働きをする成分であるイソフラボンが入っているサプリを選びましょう。

しかし、過剰摂取は良くありませんので、あくまでも用法と用量を守って正しく摂取することが大切です。

 

バストアップサプリならB-UP!気になる効果は?

 

2.自分のサイズの合ったブラジャーの着用

美乳を作る為の基本ブラジャー着用5か条

基本的な事なのでおさらい程度にみてみましょう。

  1. バストとブラのカップの円周が合わせる。
  2. 乳首の位置がバスト中央に。
  3. 脇からお肉がはみ出していない。
  4. アンダーの適度なきつさ。
  5. カップがバストに食い込んでいない。

 

自分にあったサイズの下着をつける事が大切だという事はいうまでもない事実です。

実際に正しい着用をしている人がバストの下垂が少なかったというデータがあります。

間違った着用をしている事で結果的にバスト下垂を加速させてしまう事もあります。自己流ではなく自分にあったブラジャー選び、サイズのあった下着をつける事は必要でしょう。

自分ではわからない場合は専門家がいるブラジャー専門店などで相談する事で正しいブラジャーのつけ方が身につきます。

 

 

3.簡単にできる日々のバストケア習慣

肌の衰えは下垂に直接影響を与えてしまいますので日々のケアは必要です。

 

バストケア専用の美容液は多数販売されていますが、顔やボディー用のものを流用しても構わないので、

バストマッサージを日々の習慣にして綺麗なバストラインの維持を目指しましょう。

マッサージをする上での注意点は、上にバストの輪郭にそって全体マッサージを行います。しかし力を入れすぎないことが大切です。

肌への強い刺激は良くない事もそうですが、バストを支えるクーパー靭帯に刺激を与えてしまう可能性もあります。

 

バストケアのタイミングとしてはお風呂上がりが良いとされています。

その理由はお風呂で体が温まった後は血行が良くなる事で皮膚の新陳代謝も活発になるのでこのタイミングを見逃さないようにしましょう。

 

4.姿勢の見直しと小胸筋トレーニング

姿勢が悪いと下垂につながるという話は有名ですが理由としては、

猫背や悪い姿勢でいる事で胸の周りの筋肉が使われず、筋力が衰えてしまいます。

バストを支える筋力、その中で小胸筋が衰えてしまうと胸を支えきれずに下垂を招く原因となります。

 

バストを維持する上で大切な小胸筋とは

img_20130207-113949

出典jointcare-seitai.com

小胸筋とは胸を内側に引っ張っている筋肉で下垂させないには重要な役割を持っています。

小胸筋を鍛える事で大胸筋の上部の発達を助けバストアップが可能になります。

 

では実際のバストアップの為の筋力トレーニング方法について見ていきましょう。

 

【バストアップと胸のタルミを防ぐ】大胸筋下部のエクササイズ

バストアッだけでなく呼吸が楽になり代謝UPにもつながるので続けて欲しいと思います­。バスト自体は乳線と皮下脂肪でできており、肋骨の上に乗っかって大胸筋、小胸筋に支­えられています。バストアップもタルミ防止も筋力UPと肋骨を含む胸の厚みと猫背を改­善すればバストの底上げが期待できます。

発行 波鍼灸整体院 院長

 

第3位「離れている」事の原因

バストの悩みは様々ありますが、バストのサイズに問わず、離れ乳は美しさを求めるには重要な事です。

美しいバストとは鎖骨の真ん中とバストトップを線で結んだ線が正三角形である事。

この形が横に広い三角形になってしまう離れ乳では美しさが損なわれてしまいます。

 

前項でもお話しをしたように小胸筋こそが胸を内側に引っ張っている重要な役割がありますので、

ここの筋力が落ちる事で離れ乳の原因となってしまいます。

 

離れ乳の有効な対策

離れ乳は美しいバストをつくる上で大切な事です。

最も重要な対策としては前項で話した事で、

自分のサイズにあったブラジャーの着用、小胸筋のトレーニングが重要です。

 

第4位「バストトップの色(くすみなど)」の原因

バストの悩みの中で男性からは最もネガティブにとられやすい内容です。

実際に黒ずみ乳首の印象データでは79%がネガティブな印象を持っているデータもあります。

なぜ黒ずんだりくすんだりするのか?

それはブラジャーでの摩擦や間違ったケアなどが原因で、メラノサイト(色素細胞)にメラニンを作れという指令が出てしまい、指令を受けた米良のサイト内ではメラニンが生成される。

肌のターンオーバーが正常であればメラニンは排出されますが、不調になるとメラニンが排出されず黒ずみやくすみになってしまうのです。

 

バストトップ色の対策!黒ずんだ乳首の改善しピンク色のモテ乳首へ

肌のトラブルと同じでメラニンの生成をおさえシミやソバカスを防ぐ美白クリームなどを利用するのが一般的です。

他には皮膚科での黒ずみケアの処方やレーザートーニングなどで薄くするなどありますが、

金銭的な事や恥ずかしさ、時間がかかる事などがあるのでまずは専用クリームなどで試してみるのがまず一歩となるでしょう。

 

第5位「ハリがない」事の原因

加齢によってもハリは失われていきますが、もっとも大きな原因は女性ホルモンが減る事です。

日々の食生活の中で女性ホルモンの働きを促す食生活を意識していく事も美しいバストを維持する方法です

 

バストのハリを戻す為の対策

女性ホルモンの働きを促す食品を摂取

  • 大豆
  • 豆製品
  • ゴマ
  • 玄米
  • チーズ

女性ホルモンのバランスを調整してくれる食品の摂取

  • カボチャ
  • ホウレンソウ
  • ニンニク
  • ニラ
  • ナッツ類
  • 緑茶

バストにハリを与えてくれる食品の摂取

  • 緑黄色野菜
  • ニンジン
  • カボチャ
  • ホウレンソウ
  • トマト

 

日々の食事での摂取は難しいの補うのではサプリなどを有効に摂取していくのも一般的です。

その際は女性ホルモンの一つエストロゲンとよく似た働きをする成分であるイソフラボンが入っているサプリを選びましょう。

 

【B-UPの返金保証】を受ける為の3つの条件

 

 

まとめ

バストアップの方法とは一つだけではなく以上の事をバランス良く、日々の習慣に取り込んでいく事が大切なんですね。

ダイエットと同じですぐに成果を求めすぎるのではなく中期的、長期的に美しい体を目指す為に習慣から変えていく事で美しいバストは手に入れる事ができるのです。

あなたも本気でバストアップ、そして美しい体を目指してみませんか?

 

習慣にするのは意識的に行い、それが無意識になった時にはじめて習慣になったと言えますので、

まずは意識的にやるべき事をやっていきましょう。